『異文化感受性をひも解く勉強会』 11月30日(木)東京にて再開催が決定!

8月に東京にて2度開催した勉強会です。11月に再度開催します。

この『異文化感受性をひも解く勉強会』に参加していただくことで、12月8~9日に開催の『リフレッシュ&リチャージ!異文化感受性を育てる2Dayワークショップ』へのご参加資格が得られます。(もちろん勉強会のみの参加でもOK!すでに勉強会にご参加くださったことのある方の復習のための再受講もOK!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

異文化感受性ってなんでしょう?

聞き慣れない言葉ですね!

それは・・・

多様性社会を生きる力!

自分と違う存在と上手に意思疎通し、よりよい人間関係を育てていく力のことです。

20170531_092750.jpg

小手先の会話テクニックを覚えるのではなく、周りの人々と良い関係をつくっていきたい、と自然に思う自分になることが大切です。

家族、友人、上司、同僚、部下、クライアント、地域の人々、そしてまだ出会っていない世界のどこかにいる人たちと・・・。

 

そんな異文化感受性。

ご興味をお持ちになったなら、ぜひ勉強会にいらっしゃってください。

 

前知識なしOK!職業、年齢、性別などなど条件なし!

 

〈日時〉2017年11月30日18:00受付開始、18:30プラグラム開始、20:30終了

〈場所〉東京都内(お申し込みをいただいた方に場所の詳細をお知らせします)

〈受講料〉6000円(当日お支払いください)

〈講師〉メーカー亜希子(米国LLCインターカルチュラリスト )

プロフィール: 米国LLCインターカルチュラリスト 代表。ミネソタ大学大学院・組織リーダーシップ開発学博士(Ph.D.)。アメリカで人材・組織開発のコンサルティング会社を経営する、関西弁と英語のバイリンガル。世界にわずか15名しかいない「異文化感受性アセスメント(IDI)」シニアトレーナー。「エモーショナルインテリジェンス&ダイバーシティ(EID)」認定トレーナー。エグゼクティブコーチ。長年のクライアントからもらったニックネームは『愛と知性のコーチ』。兵庫県宝塚市出身、アメリカ・ミネソタ州在住。

メーカー亜希子よりメッセージ♪

akiko - 2x2 300dpi-2.jpg

自分と違う存在と上手に意思疎通し、よりよい人間関係を育てていくって、とても大切なこと。仕事の上でも、プライベートでも。

そのためにできることってなんだろう・・・?

そんな力をつけるには、何をすればいいの?

その答えを探して、20年が過ぎました。私が今の時点で言えること、実践と研究を通してわかっていること、勉強会でお伝えします。日々の生活にすぐに取りれられる、異文化感受性Upの極意を一緒に身につけましょう。

 

・・・と、少し小難しい説明になりましたが、実はふたを開ければ、

大笑い間違いなしのゲームあり、

脳みそ活性化間違いなしの問いかけあり、

真剣かつ、とっても楽しい勉強会です。

お待ちしています。

昨年そして今年2月に関西で2度、8月に東京で2度開催したこの勉強会。受講者のみなさんからいただいた嬉しいご感想のほんの一部をご紹介します。参加したいな!と感じていただく後押しになればいいなぁ~。ご参考になさってくださいね!

 

勉強会に参加してくださった方の声♪

同じ情報を受け取っているはずなのに、人によってこんなに解釈が違う!体を動かして、視覚的にもわかって、とてもよかったです。極意、活用したいです。それから、メーカーさんの、まずは受け止めてくれる言葉がけ、私も会得したいです。
わかりやすかったです。自分をもう一度自分をふりかえる機会になりました。
自己紹介をしたり、体操、折り紙、絵本など、聞いたり、眼で見たりして、わかりやすかったです。普段と違う頭の使い方をして、脳が活性化したと思います。
異文化とは国際的なことだけではなく、日常的で身近に感じました。人とのコミュニケーションの中でバランスよく付き合う方法を分析してくださり、わかりやすかったです。特に、苦手な人との関係に活かしてみたいと思いました。
明るく、とても楽しい講座でした。まず体を動かし、とても入りやすいところから講座を始めてくださったので、わかりやすかったです。メーカーさんの明るさと親しみやすさで、緊張していた心がや和らぎました。内容がひとつずつ段階に分かれていて、よく理解できました。最初はとても難しいと思っていたのですが、始まってすぐ安心感を感じました。
普段ぼんやり感じていることを言葉にしてもらって納得!子供にも伝えたいです。
座学だと思って来ましたが、行動をもって身体で理解できた部分があり、よかったです。
これまで苦手な人にはあまり関わらないようにしていたけれど、そういう人にも興味をもっていくことも大切だと気づきました。

お申し込みフォーム

12月8~9日の2Dayワークショップに参加しますか? *
ひとつ選んでください。